ベストエフォート仕入れサイト

ひびのこづえ / KODUE HIBINO

ひびのこづえ
photo by Sachie Abiko

静岡県生まれ 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業。
コスチューム・アーティストとして広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなどその発表の場は、多岐にわたる。

NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。
歌舞伎「野田版 研ぎ辰の討たれ」、「桜の森の満開の下」現代劇の野田秀樹作・演出の「ザ・キャラクター」「足跡姫」「贋作桜の森の満開の下」など多数の舞台衣装を担当。
ダンス「サーカス」新国立劇場、ダンス「不思議の国のアリス」衣装担当。
「LIVE BONE」「WONDER WATER」「Humanoid LADY」「FLY,FLY,FLY」「Rinne」「Piece to Peace」のパフォーマンスを展開中。

奥能登国際芸術祭2017、大地の芸術祭2018、瀬戸内国際芸術祭2019に参加。2018個展「60(rokujuu)」市原湖畔美術館。 2019個展「ダンスザイフク」太宰府天満宮、九州国立博物館

「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月、渋谷LOFTにて開催中。

オフィシャルホームページ:haction.co.jp
オフィシャルブランドサイト:koduestyle.com

神谷可奈子 / KAMIYA KANAKO

神谷可奈子

1981年生まれ。18才の時に二科展に入選、その後多数の公募展に入選。
国内で多数の個展を開催。24才の時に全国ファミリーマートにて画集『心鏡』を発売。
その後、メルボルンアートショー、フランスパリのルーブル美術館での企画展示会に作品を出展。
33才の時にテキスタイルブランド『emoemo』を立ち上げデザインとプロデュースをする。その後、株式会社丸善とのコラボブックカバーを発売するなど多方面で活躍。
デパート催事や日本全国を巡るpopup企画『emo旅』を開催中。

Renata Mayumi Fukuda

Renata Mayumi Fukuda

ドイツのライプツィッヒを拠点に活動する日系ブラジル人ペーパージュエリーアーティスト。
ポルトガルのリスボンジュエリーセンター(CJLX)にてジュエリーデザインを専攻。
その後、日本、イギリス、ドイツで、ジュエリー制作やペーパークラフト技術を磨く。
2018年と2019年には英国ウエストディーン芸術大学にジュエリー講師として招聘され、折り紙ジュエリー分野における第一人者として当該分野の発展に寄与。

マリアンヌ・ハルバーグ / Marianne Hallberg

1952年、スウェーデン・ヨーテボリに花屋の娘として生まれる。
青春時代に世界を放浪した後、地元ヨーテボリで作陶を開始する。平面が立ち上がったような独特の作風は、前衛性とクールなユーモアが同居する。先進的クリエイターの注目を集め、若いクリエイターの間では憧れの陶芸家として名前が上がる「アーチストに熱愛されるアーチスト」。

オフィシャルホームページ:tonkachi.co.jp

越野世帆里 / SEORI KOSHINO

金沢美術工芸大学卒。化粧品メーカーの宣伝部等のデザイナー、アートディレクターを経て独立。
イラストレーターとして、グラフィックデザイナー、アートディレクターとして現在活動中。コラムの執筆なども手掛ける。

atelier juzeについて
越野世帆里プロデュースによる2019年誕生のテキスタイルブランド。『日々の自分に彩りを』をコンセプトとした愛のあるアートでカラフルなプロダクツを生み出しています。

インスタグラム Facebook Twitter